し行

このページには、し行の和製英語をまとめています。

し行の和製英語一覧(クリックすると各単語に移動します)
Gジャン Gパン ジェスチャーゲーム ジャー シャープペンシル,シャープ ジャスト シャツ
ジャンパー シュークリーム ジュース ショーツ ジョッキ ショベルカー シルバーシート
ジンクス シンボルマーク

Gジャン -GJAN-

正しい英語は…denim jacket

解説:
解説:以下の和製英語の服の名前は
ネイティブには理解不能です。
Gジャン(英語ではdenim jacket)、
Gパン(英語ではjeans)、
Yシャツ(適当な英語なし)
これらは完全な和製英語です。

GジャンとGパンの「G」は、
おそらく、「ジーンズ」が再英語化されたものでしょう。
そして、日本ではデニム製品が何でもjeansと呼ばれますが、
イギリスでは、デニム製のズボンのことだけを指します。
また、Gジャンの「ジャン」はjumperの日本語発音から来ていますが、
jumperはイギリス英語で毛糸のセーターのことであって、
日本で使われるようにジャケットやブルゾンを指しては使いません。

関連単語:GパンYシャツ

Gパン -GPAN-

正しい英語は…jeans

解説:
Gジャンの項でも述べましたが、以下の和製英語の服の名前は
ネイティブには理解不能です。
Gジャン(英語ではdenim jacket)、
Gパン(英語ではjeans)、
Yシャツ(適当な英語なし)
これらは完全な和製英語です。

GジャンとGパンの「G」は、
おそらく、「ジーンズ」が再英語化されたものでしょう。
そして、日本ではデニム製品が何でもjeansと呼ばれますが、
イギリスでは、デニム製のズボンのことだけを指します。
Gパンの「パン」は英語のpantsを短くしたものです。

関連単語:GジャンYシャツ

ジェスチャーゲーム -gesture game-

正しい英語は…charade

解説:
言葉を使わず,身振りだけで何を示すかを当てさせるゲーム
をgesture gameと言うのは和製英語です。
正しい英語では,charadeと言います。
なお,英語では「あれはただのジェスチャーだ」という時,
もしも始めから相手をだますつもりで演技しているのならば,
That’s a charade. と言います。
しかし,相手をだますつもりでなく,ただ外交辞令のつもりでなら,
That’s only a gesture. と言います。
また,お客から値引きを求められた際,
「値引きさせられたら赤字になる」とオーバーに言うのは,
He is just exaggerating.
という英語を使います。

ジャー -jar-

正しい英語は…a vacuum bottle, a thermos bottle

解説:
日本人は「魔法ピン」を
「ポット」とか,「ジャー」とか呼ぶが,これは和製英語です。
「魔法ビン」の正しい英語は
a vacuum bottle, a thermos bottle と言います。
英語のpotやjarは別の形の容器を指します。

関連単語:ポット

シャープペンシル,シャープ -sharp pencil-

正しい英語は…mechanical pencil,automatic pencil

解説:
「万年筆」はfountain pen であり,
「鉛筆」はpencil
(この場合lead pencil といえないこともないですが,
普通はそういわず,ただpencilといいます)。
また「ボールペン」は
ballpoint pen,banpointといいます。
ball pen は和製英語で,
英語圏では、おもちや屋で売られている
野球ボールの形をしたおもしろ趣味の鉛筆の意しかありません。

さて「シャープペンシル」も「シャープ」も
「ボールペン」と同様の和製英語です。
sharp pencil では
「先のとがった鉛筆」の意にしかなりません。
正しい英語では
mechanical pencil,automatic pencilといいます。

和製英語の「シャープペンシル」は
どうやら米国のシャープペンシルの大手メーカー
Eversharp(いつでもとがっている鉛筆社)の会社名を
日本人がシャープペンシルのことと勘違いして
借用したためであると思われます。

ジャスト -just-

正しい英語は…exactly,precisely,sharp

解説:
日本人はよく「ジャスト9時」のように言い方をします。
そこで
lt's just 9 o'clock.
という和製英語を作りがちです。
正しい英語では,
lt's exactly 9 o'clock.
lt's 9 o'clock sharp。
といいます。

英語のjustには確かに「ちょうど」(exactly,precisely),
「たった今」(a little while ago)の意で,
This is just what l wanted.
He has just left.
のように使います。

しかし,日常語としてのjustの第一義は,
「ただの」(only,merely,barely)の意で,
I'm not really hurt; it's just a scratch.
のような使い方をします。
そこで,
lt's just 9 o'clock.
というと,
「今まだ9時でしかない」
「たった9時で,まだまだ早い」
の意にとられます。

シャツ -shirt-

正しい英語は…an undershirt

解説:
日本人は「ワイシャツの下に着るはだぎ」のことを
「シャツ」といいますが,
正しい英語ではan undershirt といいます。
shirtでは通じません。
英語のshirtは日本語の「ワイシャツ」を意味します。

ジャンパー -jumper-

正しい英語は…a jacket

解説:
「すそとそでロがしまっている前開きの,ゆったりした上着」で,
あそび着,運動着,仕事着として着る軽快なものを
「ジャンパー」といいますが,これは和製英語です。
正しくはa jacketといいます。
英語のjumperには「ジャンプする人」の意しかありません。
ただし英国では
女性がブラウスの上からゆったりとはおる
(頭からかぶる)ボタンのない服,
いわゆる「ジャンパースカート」を指すことはあります。
米国でいうpinafore dress のことです。

シュークリーム -shoe cream?-

正しい英語は…cream puff,eclair(fingershaped cream puff)

解説:
日本語の「シュークリーム」は,
フランス語のchou a la cremeの借用語です。
英語のshoe creamは,「靴をみがくクリーム」,
shoe polish の意になります。
おかしの「シュークリーム」は
cream puff,eclair(fingershaped cream puff)といいます。

ジュース -juice-

正しい英語は…soft drinks,soda water,pop

解説:
日本では「オレンジ・ジュース」などといいますが、
英語でjuiceというのは,天然果汁100%のものに限ります。
炭酸を混ぜた(carbonated)加工清涼飲料水にしたジュースは
soft drinks,soda water,popなどといい,
日本のオレンジ・ジュースのことも
orange soda,orange pop などとよび,
決してorange juice とは呼びません。

ショーツ -shorts-

正しい英語は…panties(women's underpants,undershorts)

解説:
日本人は「女性の下ばき」の意味で「ショーツ」といいますが,
これは和製英語であり,
正しい英語ではpanties(women's underpants,undershorts)
といいます。
英語のshortsは
男性(子供,あるいは大人)が着る「半ズボン」,
または「運動用短パン」の意に使います。
つまりshortsはshort pants のことです。
ぴったりした「男性の下ぱき」はbriefといいます。

ジョッキ -jocki?-

正しい英語は…a jug,a mug,a tankard

解説:
日本人は「とっ手のついたビールの容器」のことを
「ジョッキ」といいますが,jockiという英語はありません。
おそらくa jug がなまって和製英語になったものと思われます。
正しい英語ではa jug,a mug,a tankard といいます。

ショベルカー -shovel car-

正しい英語は…a scraper,a scoop,an excavator,a steam shovel

解説:
「ショベルカー」は和製英語ですから,
a shovel car としても通じません。
正しい英語では
a scraper, a scoop, an excavator,a steam shovel といいます。

シルバーシート -silver seat-

正しい英語は…seats for elderly people

解説:
乗り物の中の老人専用席を「シルバーシート」というのは和製英語ですから
silver seatとしても通じません。
英語では
seats for elderly people (座席が2つ以上あるのなら複数形)
とでもいわないといけません。
ただし,
the silver jubilee (25年祭),
the silver wedding (銀婚式)は,
golden jubilee (50年祭),
diamond jubilee (60年祭)と共に正しい英語です。

ジンクス -jinx-

正しい英語は…該当単語無し

解説:
日本語に移入されたjinxは
本来の英語の意味とは異なる意味で使われているので要注意です。
英語の本当の意味は「不運をもたらす縁起の悪い人物または物事」
(=a person or thing that brings bad luck)の意で使います。
ところが日本では
「歌謡界には,歌の題名に地名がつくと必ずヒットするというジンクスがある」
というように良い事悪い事関係なく使いますが,
これは日本でのみ許される語法です。

シンボルマーク -symbol mark-

正しい英語は…an emblem

解説:
symbol mark は和製英語であり,英語にはこのような言葉はありません。
英語ではan emblem といいます。
シンボルカラーのsymbol color もまた和製英語で,
a candidate’s color が正しい英語です。
また,「シンボルバッジ」は,symbol badge ではなく,
campaign button といいます。