と行

このページには、と行の和製英語をまとめています。

と行の和製英語一覧(クリックすると各単語に移動します)
トイレ トークショー ドキュメント トタン板
ドッキング ドライな ドライブウェイ ドラマ トランク トランプ トレーナー ドンマイ

トイレ -toilet-

正しい英語は…bathroom,restroom

解説:
日本人は「便所」が下品で,
「トイレ」「トイレット」が上品だと考えますが,
英語でtoiletは人前ではタブーです。

toiletは「便座」「便器」
(a bowl that is filled with water and has a seat attached to it)
の意ですから,
Where is the toilet?というのは
「便器はどこにありますか」
と言うのに相当します。
toiletをbathroom,washroom,restroom,men's(ladies')roomの代わりに
使うのは禁物です。

英語では確かに洗面所の付いた公衆便所のことは
lavatory,toilet,pay-toiletと言います。
しかし個人宅でMay l use the toilet?というと,
第一に,便所のところだけが堂々としていて立派なようでこっけいに響きます。
第二に,toiletという言葉は日本語の「便所」と同じで,
上品な会話では決して便われません。

個人宅では「お手洗い」に相当する言い方として
Where can l wash my hands?
Where can l powder my nose?(ただし女性のみ)
I’d like to wash up. May l use the bathroom?
がよいです。
公共の建物の中では
Where's the restroom?
Where's the men's room (ladies' room)?
と聞けばよいでしょう。
ls there a public labatory near here?
は許されます。

以上まとめると,個人宅ではbathroomを,外ではrestroomを便っておくのが無難です。

レストランでl wish to wash my hands. と言って
「便所」の場所を聞いたとき,
案内された所に文字通り洗面台だけがあることもあります。
またrest room と書いてあるところは休憩する場所
(ソファーや,時にはピアノまでおいてある)の奥に用をたす便所があります。
なお長距離バス旅行でrest stop,comfort stopといえば
用をたすための一時停車です。

トークショー -talk show-

正しい英語は…panel discussion,program,talkathon

解説:
日本では「司会者とゲストが話し合うテレビ番組」のことを,
「トーク・ショー」と言うが,talk show としても,英米人には分かりにくいです。
かたい内容の場合はpanel discussion
(あらかじめ決められた問題について討論する)と言い,
その他はただprogramとしか言いようがないです。
英語ではtalk+marathonの略でtalkathonという言葉はあって,
「長時間続く討論番組」を指します。

ドキュメント -document-

正しい英語は…documentary film,a dramatically structured Tv drama

解説:
「人間ドキュメント」をa human document としても,
日本人の使う意味では和製英語になります。
正しい英語では,
documentary film,
a story of poor orphans documented by Mr.Smith,
a documentary history of vetnam War,
a dramatically structured Tv drama of war refugees
のような表現をします。

英語のdocumentは「文書」「書類」の意の名詞として,
Let me see all the documents concerning the agency agreement.
のように使うか,
または「文書に記録し証明する」の意の動詞として,
The history of this company is very well documented.
のように使うかで,
「ドキュメンタリー」「実録」「記録映画」の意味はありません。

トタン板 -tutanaga-

正しい英語は…zinc-coated iron sheet,galvanized iron

解説:
「トタン」はポルトガル語のtutanagaの借用語で,
「薄い鉄板を亜鉛メッキしたもの」を指します。
正しい英語では
zinc-coated iron sheet,galvanized iron と言います。

ドッキング -docking-

正しい英語は…put〜into…,join〜up together,put〜together

解説:
日本人は「2つを結合させる」の意でdockingを使い,
「理論と実践をドッキングさせる」の英訳を
dock theory with practiceとしますが,
これは和製英語で,正しくは
put theory into practice,
join them up together,
put them together,
We must put our two thoughts [ideas]together.
のように言います。

英語のdockは「(船を建造,修理する)ドック」の意の名詞で,
A dock was built along the shore.
のように使うか,
「ドックに入る」の意の動詞で,
The tanker docked and unloaded its cargo.
のように使います。

あるいは最近,
「宇宙船が空間でドッキング(結合)する」の意で,
The two spaceships were docked in space.
のように使うが,
これは宇宙船に限って「結合」の意で使う点に注意しなければなりません。

ドライな -dry-

正しい英語は…unfeeling,hard-hearted,hard-boiled,businesslike,unsympathetic

解説:
日本人は
「情緒的でない」「合理主義の」「事務的な」「割り切った」
という意味で「ドライ」(「ウェット」の反対)といいますが
これを直訳したdryは和製英語で通じません。
正しい英語では
unfeeling,hard-hearted,hard-boiled,businesslike,unsympathetic,etc.
と言います。
英語のdryは「おもしろくない」の意で,
This book was so dry that l fell asleep while reading it.
a dry lecture
のように使うか,
「枯れた」「老熟した」の意でdry humorのように使うのが正しいです。

ドライブウェイ -driveway-

正しい英語は…highway,road,speedway

解説:
日本では「美しい観光道路」のことを
「ドライブウェイ」と呼びますが,これは和製英語です。
正しい英語ではhighway,road,speedwayとします。
英語のdrivewayは,
個人の建物から一般公共道路に出るまでの「車を通す私道」,
玄関から門までの間の邸内の自動車道を指します。

ドラマ -drama-

正しい英語は…play

解説:
dramaは,辞書の定義によれば,
「劇」一般を指すとしていますが,
実際には,悲劇などのきわめてシリアスな文芸作品劇に限定して使われるのが普通です。
したがって,一般的な劇にはplayを使っておくほうが無難です。
He is playing in a school drama.とするよりも,
He is taking part in a school play. のほうがより自然な英語です。

トランク -trunk-

正しい英語は…suitcase,steamer trunk,footlocker

解説:
日本人は旅行用のカバンを全部「トランク」といいますが,
それは正しくありません。
英語ではsuitcase,steamer trunk,footlockerをそれぞれ使い分けます。
suitcaseは小形で携帯用の,全面平らな衣装入れ旅行かばんを指します。
ところが,日本人はこの小形スーツケースのことを
「トランク」と呼びますが,それは和製英語です。
trunkはちょうつがい付きふだのある大きい箱形衣装箱で,
長距離,長期間の旅行に使うものを指します。
以前は船旅行に持って行ったのでsteamer trunk とも言います。
ついでに,自動車後部の荷物入れもtrunkと呼びます。
footlockerはtrunkと同義ですが,
どちらかと言えばsmall trunk を指します。

トランプ -trump-

正しい英語は…cards,a deck of cards,playing cards

解説:
日本人は「トランプ」を
「トランプゲーム」「トランプ札」の意で使いますが,いずれも和製英語です。
したがってLet's play trump!と言っても通じません。
Let's play cards!が正しい英語です。

「トランプ札」は
cards,a deck of cards, playing cards
と言います。
「トランプゲーム」は
card game (bridge,blackjack,solitaire,patience,etc.)
といいます。

trumpとはゲームごとに決めたカードの中の「切り札」のこと,
外人がトランプカードを使うときTrump!(王手1)と
声をかけるのを聞いた日本人が
「トランプゲーム」「トランプ札」の意に誤解したための和製英語でしょう。

また、trampは英語でたいていの場合、
落ちぶれ果てた人や浮浪者のことか、
もしくは評判のよくない女性を指します。
これは、決められた規則正しいルートを航海するのではなくいろいろな港に寄港する
tramp steamer く不定期貨物船〉から来ています。

そして、トランプ以外の文脈の中でも使われます。
利益を得るために使われる手段、特に驚きの要素を含むものはtrumpです。
Come up trumpsは、
思いもよらず成功した、とか思っていたより上手くいった、という意味です。
また、オーストラリア英語でtrumpは、
職権のある人、つまりほかの人に対して権力のある人のことを指します。
子供の俗語では、
楽器のtrumpetの音がおならの音と似ていることから、
おなら(fart)という言葉のかわりにtrumpが使われます。

トレーナー -trainer-

正しい英語は…sweat shirt, pullover, jumper

解説:
日本人は
運動するときに頭からかぶる,長そで,襟無しのシャツで,
体が冷えるのを防ぎ,汗をかくのを珀ける目的に着るものを
「トレーナー」「トレーニングシャツ」と言いますが,
いずれも和製英語です。
英語のtrainerには
「(運動選手や競走塔の)トレーニングをする人」「調教師」の意味しかありません。
和製英語の「トレーナー」は
sweat shirt, pullover, jumper
と言います。

ドンマイ -Don't mind.-

正しい英語は…Don't mind me. l don't mind. That's 0.K. That's all right. Don't worry.

解説:
日本人は日常よく「気にするな」「構うな」と言う意味で
Don't mind.を略した「ドンマイ」を使いますが,これは和製英語です。
「私に構わずにどうぞ」なら,
Don't mind me. が正しいです。
「気にするな」「私は平気だ」「私は別に気にしていない」の意なら,
l don't mind.
That's 0.K.
That's all right.
Don't worry.
と言わないといけません。
Never mind. は,
「仕方がない」「もういいです」「あきらめる」の意で,
上記2つの表現と少し意味が違うので注意が必要です。