ら行

このページには、ら行の和製英語をまとめています。

ら行の和製英語一覧(クリックすると各単語に移動します)
ライターオイル,ライターストーン ライブ・ハウス ライン ラガー ラッパ ラテン音楽
ランドセル

ライターオイル,ライターストーン -lighter oil,lighter stone-

正しい英語は…(cigarette)lighter fruid,(cigarette)lighter flint

解説:
lighter oil も lighter stone も共に
和装英語ですから通じません。
正しくは,
(cigarette)lighter fruid,
(cigarette)lighter flint
と言います。

ライブ・ハウス -live house-

正しい英語は…club,concert hall

解説:
日本では生バンド演奏のあるナイトクラブのことを
「ライブ・ハウス」と言いますが,これは和製英語ですから,
live houseとしても通じませんし,
「生きもののいる家」「動物園」といった響きがあっておかしいです。
正しい英語では
club,concert hall
などとしないといけません。

ライン -line-

正しい英語は…group,clique

解説:
「彼はA部長ラインの人間だ」という場合に
英語のlineを使うのは和製英語です。
英語のlineにはそういう意味がありません。
That store is selling a new line of bicycles.
His line is banking.
This is not in my line.
がlineの正しい用法です。
日本文の意味では,
He belongs to Mr. A's group.
のように,
group,clique を使います。

ラガー -rugger-

正しい英語は…rugby player

解説:
日本人は「ラガー」が
「ラグビー選手」「ラグビーをする人」の意の英語だと思っていますが,
これは和製英語です。
強いていえば,ruggerは
英国でrugbyの愛称としてスラング的に使われています。
「ラグビーの競技者」は rugby player といいます。

ラッパ -roeper-

正しい英語は…trumpet

解説:
「ラッパ」はオランダ語のroeperの借入語です。
英語ではtrumpetと言わないといけません。

ラテン音楽 -Latin-

正しい英語は…Latin American music

解説:
「中南米諸国の民族音楽の総称」
(アルゼンチンタンゴ,ルンバ,サンパ,マンボなど)を
「ラテン音楽」と言うのは和製英語で,
正しい英語ではLatin American music と言います。
英語のLatinは
「ラテン語」「ラテン民族」
(イタリア,フランス,ポルトガル,スペイン人等)
の意です。
一方のLatin Americaは
「スペイン語,ポルトガル語,フランス語等の
ラテン系言語を公用語とする中南米諸国の総称」
です。

ランドセル -ransel-

正しい英語は…school knapsack,school rucksack

解説:
「子供の通学用の背負いカバン」を
「ランドセル」と言うのは,オランダ語のranselの借用語です。
英語では
school knapsack,school rucksack
と言います。