わ行

このページには、わ行の和製英語をまとめています。

わ行の和製英語一覧(クリックすると各単語に移動します)
Yシャツ ワープロ ワンマン

ワイシャツ,Yシャツ -Y-shirt,white shirt-

正しい英語は…a shirt

解説:
以下の和製英語の服の名前は
ネイティブには理解不能です。
Gジャン(英語ではdenim jacket)、
Gパン(英語ではjeans)、
Yシャツ(適当な英語なし)
これらは完全な和製英語です。

和製英語の「ワイシャツ」は
white shirt のなまったものですが,
実際には白のほか,色ものや,柄ものもあり,
英語では
business shirtやdress shirtという言葉しかなく、
どちらも適当な言葉とはいえません。

「シャツ」はshirtsの日本語発音から来ていますが、
不運にも、広く使われる卑俗な英語動詞
(shit:ウンチをする)の過去分詞形(shat)に聞こえます。

英語では、種類により、
白いワイシャツはa shirt,
カフスのついた白いワイシャツはa dress shirtと言います。
色もののワイシャツはa yellow shirt,a blue shirtと言い,
しま柄のワイシャツはa striped shirt と言います。
なお,下着のシャツのことは英語でundershirtと言います。

関連単語:GパンGジャン

ワープロ -warpro-

正しい英語は…word processor

解説:
「ワープロ」は和製英語ですから,
warproとしても通じません。
word processor としないといけません。
日本人は英語を短縮して和製英語を作るくせがありますから,
例えば「マイコン」はmicrocomputerと,
フルに言わないと正しい通じる英語にはなりません。

ワンマン -one-man-

正しい英語は…a regular dictator

解説:
日本人は「独裁的な人」のことを「ワンマン」といいますが,
それを訳したone-manは和製英語で通じません。
正しい英語では
He is a regular dictator.
He makes all the decisions.
He has complete power over the company.
He has absolute authority.
と言います。
英語のone-manは「一人だけの」の意で
one-man boat(一人乗りのボート),
one-man show(独演会。recitalという言い方もある),
one-man company(一人で何もかもやっている会社),
one-man band(一人でいくつもの楽器をあやつる大道音楽士)
のように使います。